アンビットエナジー ジャパン

アンビット・エナジー・ジャパンについて

アンビット・エナジー・ジャパンは、アンビット・エナジーの子会社です。

アンビット・エナジーは、世界屈指のエネルギー小売事業者として日本、アメリカ、カナダで100万超の一般家庭や小規模事業者向けに電力を供給しています。その子会社であるアンビット・エナジー・ジャパンは重要な役割を担っており、アメリカで創り上げた技術と培った経験をもとに、日本のお客さまとコンサルタント様にも最高のサービスとサポートをお届けします。


始まりはサンドイッチ


アンビット・エナジーは2006年、とある日のランチ ミーティングで生まれました。アンビットの共同創業者となるジェリー・トンプソン・ジュニアとクリス・チャンブレスがランチを食べながら、アメリカでの電力自由化がもたらすオポチュニティについて話していたときのことです。サンドイッチから始まったアンビットは今や、アメリカ、日本、カナダで電力事業を展開しています。



原点を忘れずに

アンビット創立当初、資金を節約するために19ドル(約2000円)の折り畳み式テーブルをオフィスのデスクとして使用していました。それは、アンビットがお客さま中心でビジネスを営むという決意の表れであり、その精神は今でも受け継がれています。

アンビットの企業理念

創立日から変わらぬ企業理念「真の成功は誠実さから生まれる」がアンビットの指針です。