アンビットエナジー ジャパン

ようこそ
アンビット・エナジー・ジャパンへ

新規お客さま・コンサルタントについてのお問い合わせ
お支払い・アカウント管理はこちら
アンビット・エナジー・ジャパンは、2020年に在日米国商工会議所(ACCJ)の法人会員になりました
多国籍企業へと成長したアンビットは、今後もアメリカで培った技術と経験をもとに、電力自由化後の小売事業を通してお客さまの快適な暮らしをサポートいたします。日本のコンサルタントとお客さまから選ばれる企業を目指し、より一層努めてまいります。
ACCJウェブサイトはこちら
アンビット・エナジー・ジャパンは公益社団法人 日本訪問販売協会 (JDSA) の正会員となりました
JDSAは、訪問販売、ダイレクトセリングに関する消費者の方からの相談に、無料(フリーダイヤル)で消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)の資格を持つ相談員がお答えするなどの電話相談、苦情処理、消費者啓発活動などを行なっています。
アンビットでは、JDSAの正会員企業となることで、コンプライアンスの一層の徹底に取り組み、お客さまおよび社会からより信頼される会社を目指していきます。

〒530-0017 大阪市北区角田町8番47号阪急グランドビル20階
重要なお知らせ

2021年5月11日付けで電力小売供給約款を一部改定いたします。主な改定箇所は、第14条「契約種別」で、今後新たにお申込みを受付するフリーフライデープランに関する記述が追加されました。改定後の電力小売供給約款および契約概要は、重要事項説明書からご確認をお願いいたします。

悪質な勧誘や詐欺にご注意ください

・契約の内容を十分にご確認ください。
・料金シュミレーションによる比較は、現在の料金をよくご確認ください。
・アンビット・エナジー・ジャパン合同会社では、現在のご契約を継続される場合は、契約者ご本人様もしくは代理登録者による更新手続きが必要になります。
・アンビット・エナジー・ジャパン合同会社では、お申込み手続きやご契約更新手続きをしても、その場で現金をいただくことはありません。

アンビットにお申し込みの際には、担当コンサルタントが必ず重要事項をご説明いたします。
万一不審な点にお気づきの場合、またはご相談のある方は恐れ入りますが、カスタマーケアセンターまでご連絡をお願いいたします。いただいたお問合せひとつひとつを丁寧、真摯に対応いたします。

カスタマーケアセンター
フリーダイヤル:0120-907-830
受付時間:9:00~18:00(日・祝・12/29~1/3を除く)

アンビットのコンプライアンスに対する取り組み
詳しくはこちら

便乗商法にご注意
詳しくはこちら
(消費者庁ウェブサイトへ移動します)

あわてずチェック
詳しくはこちら
(消費者庁ウェブサイトへ移動します)

電力自由化の5つの誤解
詳しくはこちら
(消費者庁ウェブサイトへ移動します)

カントリー マネージャーからのお見舞いとお知らせ

新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

感染状況はいまだ落ち着きを見せていませんが、徐々に活気が戻りつつあります。
現時点においても新型コロナウイルス感染症の影響が継続していることから、電気料金のお支払いに関する「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う電気料金の特別措置」を引き続き実施いたします。こちらの案内をご覧いただき、該当されるお客さまは弊社カスタマーケアセンターまでお申し出ください。
皆さまが一日も早く健康で安全な日常生活を取り戻せますよう、願っております。

ジャパン カントリー マネージャー
ステファン・ワーグナー


今すぐお申込み

電力会社をアンビット・エナジー・ジャパンに! カンタン手続きで時間もかかりません。

電力自由化のメリット

一般家庭と小規模事業者(商店・事務所・工場等)のどちらにとってもお得な自由化とは?

日本にエネルギーを

アンビット・エナジー・ジャパンは、9つの電力エリアで一般家庭と小規模事業者(商店・事務所・工場等)に電力サービスを提供しています。

アンビット・エナジーがもたらす貴重なオポチュニティーの力

2006年春、ターキー サンドイッチを食べていたジェリー トンプソン ジュニアとクリス チャンブレスは、自由化された電力市場が生み出す機会、つまりオポチュニティーを活用しようと考えました。

共同創業者として2人はアンビット・エナジーを創立し、アンビットは多国籍企業へと成長しました。アメリカのテキサス州から始まったアンビットは、全米の16州、ワシントンD.C.、日本、そしてカナダへと拡大していきました。世界屈指のエネルギー小売企業として揺るぎない評価を受けるという目標のため、アンビットはこれからも目標に向けて、より一層努めてまいります。